トップ 歯医者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ
パールホワイトプロ2

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報歯科の資格試験 > 歯科技工士とは

歯科技工士とは

歯科技工士とはの画像

歯科技工士というのは、歯科医からの依頼によって歯の詰め物やかぶせもの・入れ歯などを作る人のことを言います。
歯科技工士として仕事をする為には、国家資格に合格しなければなりません。
まずは歯科技工士の養成学校を卒業して、歯科技工士国家試験を受験することになります。
歯科技工士の養成学校は、昼間で2年間・夜間で3年間になります。

合格すれば晴れて歯科技工士として仕事が出来るわけですが、裏方の仕事になるので患者と直接触れ合うことは出来ません。
よく腕のいい歯科医という言葉を耳にしますが、腕の良い技工士がいて始めて良い治療が出来ることになるのです。
反対に技工士の腕が良くても、歯科医の腕が悪ければ良い治療を行なうことも出来ません。
このように歯科医と技工士のお互いの腕が良いことで、始めて良い治療を行なうことが出来るのです。
歯科技工士の仕事は、簡単なものではありません。
とても熟練した技術と知識が必要とされる仕事です。
試験に合格しても、すぐに歯科技工士として役には立ちません。
一人前と呼ばれるまでには、かなりの期間が必要とされるのではないでしょうか。
裏方の仕事ですから一人で黙々と作業をしなければならず、さらに納期などもあり大変な仕事でもあります。

歯科技工士がいなければ歯医者という仕事をすることは出来ません。
それだけ歯科技工士と言う仕事は、歯医者にとって無くてはならないものなのです。
歯科技工士を目指すのであれば、技術だけでなく忍耐力も必要となってきます。
根気よく、日々努力を重ねて技術を磨いていかなければなりません。

雑誌やTVでも話題の商品!
ホワイトニングだけでなく虫歯予防としてもお使いいただけます
返金保証制度もあるので、安心!
歯の「黄ばみ・黒ずみ・ヤニ・歯垢・口臭」の気になる方におススメです。
パールホワイトプロ2

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報のおすすめ歯科医院一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 子供の歯の矯正

矯正には大人の歯が全て生え揃ってから行う矯正と、子供の歯の時期に行う小児矯正とがあります。 小児矯正の場合には、まだまだ成長段階にあるので顎の成長をコントロールしながら行うことが出来るという利点があります。 矯正の為に歯を抜くことも少なく、良い治療結果を得やすくなります。 しかし矯正が終了するまでには、顎の成長が止まる15歳前後まで矯正が必要となります。 矯正期間中に装置が見えたり、虫歯になりやすい状態を作り出してしまうこともあります。 子供の歯の矯正というのは非常に難しく

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。