トップ 歯医者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ
パールホワイトプロ2

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報歯科の資格試験 > 歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事の画像

歯科衛生士という仕事は、歯科医の診療補助や歯の清掃などが仕事となります。
歯医者に訪れた時にも、よく見かけるような仕事がメインとなっています。
ですが、歯科衛生士の仕事先は何も歯科医院だけではありません。
例えば保健所や、市町村の保健センターなども歯科衛生士の職場となります。
このような職場で行う歯科衛生士の仕事は、在宅での療養者訪問になります。
自宅に訪問し保健衛生指導と呼ばれる歯の健康状態のチェックや、歯磨き・食べ物などの相談にも乗ります。

ベテランの歯科衛生士ともなれば、衛生士養成学校での指導なども行います。
企業に就職した歯科衛生士などは、歯科用品の開発などに携わることもあるようです。
他にもセミナーなどの講師として活躍されている方もいらっしゃいます。
このように歯科衛生士の仕事というのは、実に幅広いものとなっています。
小学生の頃に、大きな歯の模型でハブラシ指導を受けた記憶はないでしょうか。
こういった近隣の小学校や養護学校などで、ハブラシ指導も行います。
お菓子の食べ方や、むし歯になりやすい食べ物なども教えるのが歯科衛生士としての仕事なのです。

歯科衛生士の仕事は、やはり歯の予防をすることに重点があるのではないでしょうか。
むし歯になった歯を治すのが歯科医の仕事であれば、むし歯の予防に努めるのが歯科衛生士の仕事というわけです。
やりがいもありますが、非常に重要な仕事であるともいえます。
介護保険制度なども制定され、歯科衛生士の仕事幅はますます広がっていくことでしょう。
これほど、様々な年代の方と多く接する仕事は無いかもしれません。
女性にとって、長く続けることが出来る魅力ある仕事ではないでしょうか。

雑誌やTVでも話題の商品!
ホワイトニングだけでなく虫歯予防としてもお使いいただけます
返金保証制度もあるので、安心!
歯の「黄ばみ・黒ずみ・ヤニ・歯垢・口臭」の気になる方におススメです。
パールホワイトプロ2

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報のおすすめ歯科医院一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 歯科技工士とは

歯科技工士というのは、歯科医からの依頼によって歯の詰め物やかぶせもの・入れ歯などを作る人のことを言います。 歯科技工士として仕事をする為には、国家資格に合格しなければなりません。 まずは歯科技工士の養成学校を卒業して、歯科技工士国家試験を受験することになります。 歯科技工士の養成学校は、昼間で2年間・夜間で3年間になります。 合格すれば晴れて歯科技工士として仕事が出来るわけですが、裏方の仕事になるので患者と直接触れ合うことは出来ません。 よく腕のいい歯科医という言葉を耳にし

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。