トップ 歯医者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ
パールホワイトプロ2

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報歯科用語 > フッ素

フッ素

フッ素の画像

保健所などで行われる子供の検診では、フッ素塗布が行われているところもあります。
フッ素というのは自然界のあらゆるものに含まれており、食べ物などからも取り入れられている危険のないものです。
多量の摂取はよくありませんが、定期的にむし歯予防として塗布する程度であれば何ら問題はありません。
フッ素塗布を行うことによって、初期のむし歯を回復させる力があります。
他にも、むし歯予防や虫歯菌の活動を抑える働きがあります。

フッ素の塗布方法は簡単で、ハブラシなどで歯にフッ素を塗るだけという手軽さです。
歯科医院で行っていますが、保健所などでも行っているところがあるので問い合わせてみてください。
フッ素を塗布して30分間は、食べたり飲んだり出来ませんので注意するようにしましょう。
フッ素塗布は、3~4ヶ月に1回の間隔で塗布することが望ましいとされています。
無色透明な液体ですから、歯が黄色くなったりすることはありませんので安心してください。
フッ素は万能薬ではありませんので予防や初期の虫歯には効果がありますが、絶対にむし歯にならないというわけではありません。
ですが、フッ素を塗布することによって丈夫で健康な歯を作り出すことが出来るのです。

歯磨きや食生活などに気をつけた上で、上手にフッ素を利用するようにしましょう。
最近ではフッ素が配合された歯磨き粉なども多数販売されています。
毎日の歯磨きに、ぜひ利用してみてください。
但し、歯科医院では適用されなければ保険外診療となってしまいます。
保健所などを利用することで、無料もしくは格安で可能な場合があるので問い合わせてみてください。

雑誌やTVでも話題の商品!
ホワイトニングだけでなく虫歯予防としてもお使いいただけます
返金保証制度もあるので、安心!
歯の「黄ばみ・黒ずみ・ヤニ・歯垢・口臭」の気になる方におススメです。
パールホワイトプロ2

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報のおすすめ歯科医院一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 子供のハブラシについて

子供がハブラシを好きになるか嫌いになるかは、赤ちゃんの時のハブラシで左右されてしまうのではないでしょうか。 歯が生え始める6ヶ月頃から始まる歯磨きですが、最初は異物が口の中に入るわけですから嫌がることでしょう。 だいからといって無理やり歯磨きをしてしまっては、歯磨きが嫌なものだというイメージがついてしまいます。 生え始めのハブラシは、お母さんの指にガーゼなどを巻いて軽く拭くだけで構いません。 慣れてきたら、ハブラシを使って歯磨きをしてみるようにしましょう。 ハブラシをする際

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。