トップ 歯医者ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

Warning: file_get_contents(https://www.k-dc.info/INCLUDE/top_.txt): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/webdn/k-dc.info/public_html/020dentalt/010.html on line 40

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報歯科用語 > 歯肉炎

歯肉炎

歯肉炎の画像

歯肉炎というのは、歯茎が炎症を起こしている状態を指します。
ほとんどの場合が単純性の歯肉炎と呼ばれるもので、ブラッシングを丁寧に行うことで改善されます。
健康な歯茎と思っていても、ほとんどの方がこの単純性の歯肉炎にかかっています。

では健康な歯茎というのは、どのような状態を言うのでしょうか。
健康な歯茎というのは、薄いピンク色で押すとやや硬めの状態です。
さらに、みかんの皮の表面にような小さなくぼみ(スティップリングと呼ばれる)があります。
現在このような健康な歯茎をしているという方は、ほとんどいないのではないでしょうか。

ほとんどの方が、何らかのトラブルを抱えているようです。
ブラッシング不足で、歯に歯垢や汚れが付着することによって歯茎に炎症が起こります。
この状態をずっと続けていると、むし歯や歯槽膿漏を引き起こしてしまいます。
ですから、単純性歯肉炎の間にしっかりとブラッシングをするようにしましょう。
ハブラシのほかに、歯間ブラシやフロスなどを用いて清掃することをお勧めします。

歯肉炎は、比較的初期の段階では自覚症状があまりありません。
歯茎がむずがゆいような状態を覚えることもあるようです。
歯肉炎にかかった状態でしっかりとブラッシングを行うと、かなり出血が見られます。
出血をしたからといって、そこでブラッシングを止めてしまうと治りません。
出血は気にせずにしっかりとブラッシングを行うことで、ほとんどの歯肉炎は改善することが可能です。
ただの歯肉炎だからといって甘く見てはいけません。
そのまま放置しておくことで、歯周病などの病気を引き起こしてしまいます。


Warning: file_get_contents(https://www.k-dc.info/INCLUDE/centerad_.txt): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/webdn/k-dc.info/public_html/020dentalt/010.html on line 103

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報のおすすめ歯科医院一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(https://www.k-dc.info//select/r.cgi?day=10): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/webdn/k-dc.info/public_html/020dentalt/010.html on line 111

今日のお勧め記事 ⇒ 歯周病

歯周病とは、歯を支えている顎の骨が溶けて歯が抜け落ちてしまう病気です。 むし歯が一本も無いという方でも、歯周病になっている方は多くいらっしゃいます。 歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれることもありますが、40代以上の方の多くがこの歯周病で歯を失っています。 歯周病の恐ろしいところは、それほど自覚症状が無いということです。 むし歯のように痛みなどが無いので、気がついた時には手遅れということもよくあります。 そうならない為にも、定期的に歯科検診を受けることをお勧めします。 歯周

歯医者ナビ/歯科医の口コミ情報について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。